マーラー/交響曲 第1番《巨人》

マーラー

Add: cinubixu72 - Date: 2020-12-06 11:55:14 - Views: 8170 - Clicks: 6128

グスタフ・マーラー:交響曲第1番 ニ長調《巨人》 Gustav Mahler : Symphony No. . グスタフ・マーラー:花の章 Gustav Mahler : Blumine 2-5.

ショルティはシカゴ響とマーラー交響曲集を残す前に、ロンドン響とセッション録音を残しています。シカゴ響盤を聴いた後からすると、こちらのロンドン響盤にはオケの非力さを感じざるを得ず、ショルティの音楽について行けてない事実が透けて見えてしまいます。 マラ1と言えどプロオーケストラでも苦戦する音楽であると良く分からせてくれる録音です。アマチュアのマーラーなんて尚更聴く気にならなくなってしまいます。安易にマラ1を選ぼうとするアマオケは良く考えた方が良いと思います。相当な覚悟が必要です。マーラーはどの曲もノリだけではどうにもなりません。選んだ後に気が付いても遅すぎます。 このロンドン響盤は、シカゴ響盤の完璧主義的なマーラーに納得ができないマーラー・ファンにしか必要ない録音だと思います。シカゴ響盤を聴いていなくとも物足りなさを感じると思います。随分非力で技術レベルも低いので、否応なしに人間臭いマーラーになっています。それでも結局は早めのテンポで淡々と進むマーラーであることに違いなく、ショルティらしさを確かに感じるマラ1です。私はほとんど聴きません。. ☆送料無料!清掃秘伝伝授!マーラー交響曲第1番「巨人 ハイティンク指揮アムステルダムコンセルトヘボウ管弦 盤きれい検盤済ジャケパック. 交響曲第1番 ニ長調 (Symphonie Nr. 1 in D major "Titan" I.

今回の配信、当初はベートーヴェンの5番と発表されていたのだが、どういう訳かマーラーの《巨人》交響曲に。 マーラーは今シーズン初ではないだろうか。 現代を代表する指揮者のひとり、ネルソンスの登場にも期待が高まる。 (/12/13)*1. 交響曲第1番『巨人』(吹奏楽版) 川瀬賢太郎&東京佼成ウインドオーケストラ - マーラー()のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. Wie ein マーラー/交響曲 第1番《巨人》 Naturlaut - Im anfang sehr gemachlich 録音:1961年1月14日,21日,2月4日~5日,1960年6月30日他 ハリウッド アメリカン・リージョン・ホール他. 4(5は任意 ホルンの補強)他バスドラム1、.

往年のワルター/コロンビア響盤を正統進化させたかのようなマラ1だと思うのが、このベルティーニ盤です。とりわけ1,2楽章は歌の情緒が満載でどこまでも美しく、4楽章もワルターほどでは無いにせよ歌うに歌います。どう聴いてもやはりワルターみたいなのですが、オケの技量と迫力はそれと段違いです。ワルター盤を褒める人間がこのベルティーニ盤を褒めないのは理解できません。そういう人って本当に音楽を聴いているのか?と疑いたくなります。 ベルティーニのマーラー録音の傑作はどうにも3番や9番、大地の歌である気がしてなりませんが、1番も十二分に面白いと思います。マーラー指揮者ってやっぱりこうだよな、と感じさせる1枚です。EMIらしからぬ録音状態の良さも光ります。バーンスタインやテンシュテットのマーラーを愛する人や、1,2,5,6,8番ばかりを聴く派手なマーラーが好きな人には是非ともじっくり聴いて欲しい1枚です。世界が変わるかもしれないからです。これがイケれば3番も楽勝だと思います。9番や大地の歌の良さにも気が付けると思います。マーラーの世界に益々ハマる事間違いなしです。. 1楽章 ここでご紹介するのは72年録音である。 ハイティンクとコンセルトヘボウのマーラー交響曲全集は、1962年~71年までの間に録音され、10枚組BOXとして発売されているが、そこに収録されている1番の「巨人」は、62年の録音である。. 交響曲第1番ニ長調「巨人」 第3楽章 荘重に威厳をもって、緩慢になることなく 00:11:24 録音:Studio.

ロト/バーデン=バーデン&フライブルクSWRsoは、ギーレン以来の透明感の高い響きを生かして、明晰な演奏が素晴しい名盤です. . マーケットプレイスに出品する マーラー:交響曲第1番「巨人」 花の章付き メータ (ズービン) (アーティスト, 指揮), マーラー (作曲), イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団 (演奏). ※こちらの動画は埋め込みが出来ません。下記のタイトルをクリックしていただき、リンク先のyou tubeでご覧ください。 マーラー 交響曲 第1番 ニ長調「巨人」 第1楽章(00:30) 第2楽章(17:17) 第3楽章(24:50) 第4楽章(36:25) クラウディオ・アバド指揮:ルツェルン祝祭管弦楽団 クラウディオ・アバド()はカラヤン亡き後のベルリンフィルの芸術監督を引き継いだイタリアの指揮者です。 演奏会が始まる前の客席にはアバドの後任のサイモン・ラトルの姿も見えます。 動画は既にベルリンフィルを退任された後の2009年、病気を経てずいぶん痩せられたアバド76歳の時のコンサートの様子ですが、まさしく生気あふれる渾身の演奏です。. 交響曲聴き比べ(マーラー 交響曲第1番「巨人」) マーラーの交響曲ほど演奏者による個性が極端に発露する音楽は他にないと思う。 まずは交響曲第1番「巨人」からだ。.

収録:年2月、東京芸術劇場コンサートホール(ライブ) 日本コロムビア cocq-85512 ¥3000+税. 4 (3はイングリッシュホルン持ち替えあり)Trp. 交響曲第1番ニ長調「巨人」はオーストリアの作曲家、グスタフ・マーラー()が1888年に書き上げた最初の交響曲です。 20代の前半から指揮者としてのキャリアをスタートさせたマーラーは並行して作曲活動にも取り組みます。 交響曲第1番以前の主要な作品の中に1885年に書き上げた4曲からなる歌曲「さすらう若人の歌」がありますが、この作品の第2曲と第4曲の旋律が交響曲第1番の中でも主題として使われています。 マーラー:「さすらう若人の歌」より第2曲「朝の野を歩けば」 バリトン:クリスティアン・ゲルハーヘル 1884年頃から作曲に着手され、1888年に書き上げられた交響曲第1番の第1稿は5楽章からなり、第1楽章から第3楽章を第1部、第4楽章と第5楽章を第2部とする交響詩として発表されました。 その後改訂が加えられ1893年に上演されるに際して「巨人」と言う標題が付されるとともに、各楽章にも次のような副題が付されました。 第1部 青春の日々から、若さ、結実、苦悩のことなど 第1楽章 春、そして終わることなく 第2楽章 花の章 第3楽章 順風に帆を上げて 第2部 人間喜劇 第4楽章 座礁、カロ風の葬送行進曲 第5楽章 地獄から天国へ これらの標題、副題はドイツの小説家、ジャン・パウル()が1802年に著した小説「巨人」に由来しています。 この作品に限らず自作に度重なる改訂を加えることが常であったマーラーは1896年に上演するに際して、第2楽章「花の章」を削除して各楽章に付けていた標題もすべて取り払い4楽章からなる交響曲として演奏しました。 この時の改訂稿が後に「交響曲第1番」として出版され、今日の交響曲としての位置づけに繋がっています。 「巨人」の標題もマーラーによって削除されていることから、作曲者の真意としては付けるべきではないのかも知れませんが、演奏会やCD等のタイトルには表記されていることが一般的ではないかと思います。 尚、複数回にわたる改訂が加えられていることから様々な出版譜が存在し、中には削除された「花の章」を挿入して演奏されている録音もあります。. 交響曲第1番 (マーラー) 楽器編成 編成表木管金管打弦Fl.

Vincent Di Placido 300,826 views. Kräftig bewegt, doch nicht zu schnell III. この交響曲以降、マーラーの交響曲は発展を続け傑作を生み続ける。大躍進である。この交響曲第1番ニ長調「巨人」は、その活躍の幕開けとなった交響曲である。 さて、この交響曲のことで、まだ書かなくてはならないことがある。.

これらの題は多くの芸術家の言葉からきています。 第1部の「青春の日々から、若さ、結実、苦悩のことなど」はドイツの小説家ジャン・パウルの小説によるものです。 第2楽章の「花の章」は、ドイツの詩人のヨーゼフ・ヴィクトル・フォン・シェッフェルの「ゼッキンゲンのラッパ手」のために書かれた付随音楽が原型とされています。 これはマーラーによって1884年にカッセル歌劇場で朗読上演されたものでした。 また第4楽章はフランスの版画家ジャック・カロの風刺画に関係していると言われています。. ショルティのシカゴ響盤は、数あるマラ1の中でも最も迫力に特化したマラ1だと思います。これに匹敵し追い越す録音はテンシュテット/シカゴ響ライブ盤(EMI)しか無いでしょう。地獄から天国へと一気に貫き通すトランペット・トロンボーン・ホルンによるフォルテッシモは流石シカゴ響だと言いたくなります。 20世紀後半におけるアメリカのオーケストラはとにかく馬力が違います。若い音楽ファンはもっとこういう音楽を聴いた方が良いと思います。オーケストラという音響装置にはもっと多くのものを求めて然るべきだと思います。強欲で時代遅れな考え方なのでしょうけど。 ショルティのマーラーはテンシュテット/シカゴ響盤ほど粘らないので、初心者にとって非常に聴きやすいマラ1だと思います。金管にアレルギーを感じないという前提付きですが。現に私もこのショルティ/シカゴ響盤は、バーンスタイン/ニューヨークフィル盤と並行して、マーラーを聴き始めた当初はしこたま聴きまくったものです。学生時代の思い出が深い1枚です。. · 50+ videos Play all Mix - G. マーラー:交響曲第1番《巨人》は、マーラーの交響曲の中では、親しみやすい旋律が詰まっていて、聞きやすい1曲になっています。 とても 若々しく、希望に満ちた中に、青春期にのみ感じる、寂しさや、苦しさなども含まれていて、深味のある1曲 とも言えそうですね。. 【曲目】 マーラー: 交響曲 第1番 ニ長調「巨人」 【演奏】 ワレリー・ゲルギエフ(指揮)、ロンドンso. マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』 イーゴリ・マルケヴィチ(指揮) ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 録音:1982年3月5日(ライヴ、ステレオ録音). ハイティンクはやっぱりハイティンクです。ライナーやショルティ時代のシカゴ響を想定して聴くとしっぺ返しを食らうと思います。シカゴ響の底力を感じさせないからです。テンシュテット/シカゴ響盤を聴いた後だと、全く別のオケによる演奏かのように聴こえると思います。シカゴ響で振っても相変わらず理性的であり、野性的で無秩序な感じはほぼありません。 流石にシカゴ響の演奏なので、コンセルトヘボウとはオケの馬力が段違いであり、ハイティンクの表現がより分かりやすくなっているような気がします。とりわけ1楽章に粘々しさを感じます。1楽章はコンセルトヘボウ盤に比べて何と3分20秒も長くなっているのです。老成したマラ1だと思います。私はどちらかと言えばコンセルトヘボウ盤の方が好きです。. この頃マーラーの指揮者としての実力は徐々に認められはじめていました。 しかし「強気な性格とユダヤ人である」という理由から、マーラーは職を転々としています。 オルミュッツの市立劇場指揮者であったマーラーでしたが、1883年、23歳の頃にカッセル王立劇場の楽長となりました。 その翌年に取り組み始めたのが、この彼にとって初めての交響曲、第1番です。 続いてマーラーは1885年の25歳の頃にプラハのドイツ劇場の楽長になり、さらに1886年にはライプツィヒ歌劇場の楽長となりました。 この頃は若きマーラーの傑作がいくつも生まれており、「さすらう若者の歌」(1885年)「子供の不思議な角笛」(1886年)もこの頃の作品です。.

バーンスタインのコンセルトヘボウ盤(1番と9番)と聴き比べるとより楽しめると思うのが、このハイティンク盤です。バーンスタインという指揮者が如何に異常であり、彼のマーラーが如何に異常であるのか良く分かると思われるからです。 これに一番近いマラ1を挙げるとすればボールト/LPOのマラ1です。マーラーの音楽に対する共感やリスペクトといった要素をほとんど感じさせません。主観的な色付けが全然無いのです。アッサリとして地味なマーラーという風変わりな音楽が好きなのであれば、ハイティンク盤を愛するべきです。五月蝿いマーラーは御免被るという方にとっても良い1枚だと思います。. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen IV. 4 (3、4はピッコロ持ち替えあり)Hr. 1884年から1888年にかけて作曲され、マーラー自身は当初からその書簡などに記しているように交響曲として構想. マーラー交響曲第1番「巨人」解説と名盤。立ち上がれトランペット奏者!ホルンとともに!花の章とハンブルク版も紹介。マーラーの原点ここにあり! 年2月7日; マーラー交響曲第4番ト長調おすすめ名盤ランキングと名曲解説。人生と音楽の転機。. マーラー:交響曲第1番ニ長調「巨人」(1893年版 花の章付き) フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)レ・シエクル 録音:年3月、10月/フィルハーモニー・ド・パリ、2月/ニーム劇場、10月/シテ・ド・ラ・ミュジーク. マーラー: 交響曲第1番《巨人》 /モーツァルト: 交響曲第32番 UHQCD 小澤征爾 Seiji Ozawa 限 定. 【マーラー:交響曲 第1番 「巨人」 ~ワン・ポイント・マイクロフォン・ヴァージョン~/エリアフ・インバル, チェコ・フィルハーモニー管弦楽団/ハイレゾ】.

1 D-dur) は、 グスタフ・マーラー が作曲した最初の 交響曲 。. マーラー 交響曲第1番「巨人」 バルビローリ指揮 お腹の空いてる方、こんな「 とんかつ 」画像お見せしちゃってすんません 最近、ネタ不足なもんで、古めの写真を引っ張り出してます。. 実は初演時は副題は付いておらず、「2部からなる交響詩」として発表されました。 その後1891年、31歳の頃にマーラーはハンブルク歌劇場の第一楽長となります。 マーラー/交響曲 そのハンブルクでの改訂稿(1893年)で初めて副題が付き「交響曲形式による音詩《巨人》」としてマーラー自身の指揮で初演されました。.

マーラー作曲 交響曲第1番ニ長調 「巨人」 青春の情熱と哀愁、燃え立つロマンの感情とやりきれない苦悩をそのまま表現した音楽。 28歳の青年マーラーが、自分の心情をストレートに告白したもので、ゲーテの “ 若きウェルテルの悩み ” になぞらえて. 「マーラー:交響曲第1番「巨人」(nbc響/ワルター)(1939)」(レーベル: idis)の試聴、全曲再生ができます。収録曲:交響曲第1番 ニ長調 「巨人」. Schleppend – Immer sehr gemächlich II.

そんな僕が唯一全曲そらで暗記している曲が、交響曲第1番ニ長調です。これだけは巨人ファンなのです。. See full list on romantic-classic. See full list on tsvocalschool. 管理人おすすめの名盤はこちら! マーラー 交響曲第1番ニ長調《巨人》 クラウディオ・アバド指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 録音:1989年 録音された1989年はアバドがベルリン・フィルの芸術監督に選ばれた年で、その後にベルリン・フィルの指揮台に初めて立った時に選んだプログラムもこのマーラーの「巨人」でした。 奇しくもこの年はベルリンの壁が崩壊した年でもあり、ドイツとベルリン・フィルの新しい歴史のページを開く記念すべき録音です。 若き日の情熱的なアバドとこの動画の円熟期のアバドを聴き比べるのも楽しいかもしれませんね! 「Amazon Music Unlimited」でいろんなアーティストの録音を聴き比べてみませんか?まずは無料体験から! いかがでしたか?こちらの作品もぜひ聴いてみてください! お役に立ちましたらクリックをお願いします。 にほんブログ村 音楽(クラシック)ランキング. Schleppend( ゆっくりと、引きずるように) 冒頭、弦楽器がフラジオレットと呼ばれる奏法で静かな響きを奏でる様は朝もやの森の中で佇んでいるかのような錯覚に陥ります。 やがて聴こえてくる音は鳥の声のようでもあり、遠くから聴こえてくるのは軍楽隊のファンファーレのようでもあります。 かっこうの鳴き声のようなフレーズが何度か反復された後、朝もやが晴れたように爽やかな旋律が演奏されます。 後半にあらわれる金管楽器のファンファーレは終楽章にもあらわれ全曲に統一感を出しています。 第2楽章 Kräftig bewegt, doch nicht zu schnell (力強い動きをもって、しかし速すぎないように) 低音弦楽器が3拍子で刻むリズムにのって舞踏的な旋律が展開されます。ひとしきり盛り上がった後は優美で穏やかな旋律を奏でた後、最初の旋律に戻り終止します。 第3楽章 Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen (荘厳に、威厳をもって、しかし引きずらないように) 改訂前の交響詩の段階では「座礁、カロ風の葬送行進曲」と副題が付けられていた楽章です。 カロはフランスの銅版画家、ジャック・カロのことです。 冒頭、コントラバスが奏でる重々しくもの悲しい旋律は「フレール・ジャック」と言う名で知られるフランスの民謡から取られています。 この曲はフランスのみならず世界各国、もちろん日本でも様々な歌詞があてられ親しまれている曲なので聞き覚えがあることと思います。 フレール・ジャック Mundwerk a cappella 第4楽章 Stürmisch bewegt( 嵐のような動きで) 嵐のように激しく動き回る弦楽器の旋律と雄々しく咆哮するかのような金管楽器群が印象的なフィナーレです。 2台のティンパニを含む打楽器群も劇的な終楽章の演出に効果的に使われています。 大規模なオーケストラによる音響効果に注意が行きがちですが、個人的には終楽章中盤にあらわれるような静かな弦楽器の旋律が徐々に大きくうねっていくかのような深みのある部分も大好きです。 終結部は圧倒的なパワーで金管楽器群が咆哮しクライマックスを迎えます。最後にホルンが立ち上がって演奏する場面がありますが、これはマーラーの指示によるものです. 曲目はテンシュテットお得意のマーラーの交響曲第1・2番です。 テンシュテットの交響曲第1番「巨人」と言えば、ロンドンフィルとのスタジオ録音盤、当盤、ロンドンフィルとのライブ盤、 シカゴ響とのライブ盤と4種類が存在します。.

年2月1日、2日に東京芸術劇場にて演奏され、熱狂を呼んだ、マーラーの交響曲第1番『巨人』を収録。クラシック・ファン待望の一枚です。(メーカー資料より) 【収録情報】 マーラー:花の章 マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』 読売日本交響楽団. マーラー:交響曲第1番≪巨人≫(「花の章」付き) - ボストン交響楽団 - cdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. どちらかと言えばバーンスタイン前年盤の趣に近いものがあるのがマズア盤です。同じニューヨークフィルによる演奏なのでそのように感じて然るべきでしょう。とは言えあくまで冷静なマズアのマーラーです。バーンスタインに鍛えられた技術レベルをある程度保持したまま、より普遍的で分かりやすくアクの無いマラ1に仕上がっているように感じます。 このマズア盤はポスト・バーンスタイン/テンシュテット時代のマーラーらしい、落ち着きのある理性的なマーラーである事に違いありません。ハイティンク盤が好きな方にはこれも好みに合うと思われます。バーンスタイン前年盤でもやり過ぎだと感じるのであれば是非聴いて頂きたいマラ1です。. こちらは第2楽章「花の章」も入っている録音です。 日本が誇る世界のオザワこと小澤征爾の指揮によるボストン交響楽団の演奏です。 1977年録音で小澤征爾がボストン交響楽団常任指揮者に就任してまだ数年しか経っていいない頃のものです。 若々しく力強いマエストロのマーラーは必聴です。 録音:1977年3月、4月(花の章のみ1984年) 小澤 征爾(おざわ せいじ/1935年9月1日-) 日本の指揮者 1964年:トロント交響楽団の指揮者に就任 1966年:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を初指揮 1970年:タングルウッド音楽祭の音楽監督に就任、サンフランシスコ交響楽団の音楽監督に就任 1973年:ボストン交響楽団の音楽監督に就任(年まで) 年:日本人指揮者として初めてウィーン・フィルニューイヤーコンサートを指揮、ウィーン国立歌劇場音楽監督に就任 ボストン交響楽団(The Boston Symphony Orchestra) アメリカ、ボストンのオーケストラで、「アメリカ5大オーケストラ(Big Five)」の1つとされる。 小澤征爾は1973年から年まで音楽監督を務め、歴代のボストン響の指揮者の中で最も任期の長い指揮者となった。. このバーンスタイン後年盤は、CBS SONYに残した前年盤であるニューヨークフィルとの録音に比べると幾分かコッテリとした、晩年のバーンスタインらしさが出たマラ1だと思います。また、演奏するオーケストラがニューヨークフィルではなくコンセルトヘボウであるということも大きな差別化要因です。コンセルトヘボウもマーラー本人に縁のあるオーケストラです。ニューヨークフィルと比べた時のコンセルトヘボウの弦楽は渋く艶があり、管楽があまり前に出てこないのです。 マーラーの1番の曲想とイメージに照らし合わせると、私はやはりニューヨークフィルとの若々しく溌剌とした情熱が迸る演奏の方が好きではありますが、こちらの方はより主観的でマーラーの音楽らしい1番だと思います。ワルターのマーラーのような情緒感が好きなのであれば、コンセルトヘボウ盤の方も聴いてみる価値があると思います。バーンスタイン晩年の2番や5番のような粘っこさも、それらの録音と比べると息を潜めているように感じます。駄演であるとは決して思えません。. 今日は、現代の日本でも人気の高い、グスタフ・マーラーの交響曲第1番「巨人」を取り上げます。名曲が続々誕生していた時代のウィーンに学ぶ. シンバルが衝撃的な開幕を告げると金管楽器が悲痛な叫び声をあげたかのように咆哮します。 「嵐のような動きで」と作曲者が指示した通り弦楽器が激しい楽句をかき鳴らすと再び金管楽器が咆哮します。 まずは第4楽章の冒頭部分をダイジェストで聴いてみましょう。 サイモン・ラトル指揮:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団.

アバドらしいマーラーであり極めて聴きやすいマラ1なのですが、私はシカゴ響盤の方がどうしても好ましく感じられてなりません。最初の1枚としてはピッタリだと思う反面、長く付き合って行くには物足りなさを感じてしまいます。何度も聴きたいとは思いません。また、カラヤン時代の録音から得られるベルリンフィルのイメージとも全く違います。どこまでも人間的で楽観的な音楽です。アバドより前のベルリンフィルらしさを期待すると必ず裏切られます。ベルリンフィルもご多分に漏れず時代と共に出て来る音楽は変遷するのです。 ベルリンフィルによる良くも悪くもお上品で小奇麗なマラ1です。バーンスタインやテンシュテットのようなアクの強いマーラーや、クーベリックやギーレンによる個性的なマーラーに納得が行かないと自覚から聴くべき録音だとも思います。. マーラー/交響曲第1番 ニ長調「巨人」 YouTube Mario Lanza Sunday Night at The London Palladium (HQ) - Duration: 11:45. マーラー:交響曲第1番『巨人』 小林研一郎&日本フィル - マーラー()のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。.

テンシュテットやバーンスタインによるマーラーと比べると、随分軽いように感じられてならないのがクーベリックのDG盤です。かと言って没個性的であるとは言えないのがクーベリックのマーラーなのです。 クーベリックの歌い回しには、クーベリックらしいとしか表現できないものが確実に存在します。バーンスタインほどコッテリもせず、逆に現代音楽的な急激なテンポ変化もしない中、クーベリック流の解釈によって極めて有機的にテンポが変化するのです。これに肌に合えば是非交響曲集の方にも手を出すべきです。後悔は絶対ないはずです。DGに残したセッション録音のマーラー交響曲集は全体的に早めのテンポ感があるので、最初に聴くマーラーとしては長過ぎないため良いのかもしれません。 また、クーベリックのマーラーで一番特徴的なのはトランペットです。この煌々と輝くトランペットを聴くとやはりクーベリックだな、とつい思ってしまいます。これはマーラー以外のクーベリックの録音でも顕著なのですが、彼のトランペットに対する拘りには尋常では無いものがあります。珍しい指揮者だと思います。単にクーベリック時代のバイエルン放送響のラッパ奏者が優秀過ぎただけなのかもしれませんが。 このマラ1の録音でもクーベリックらしさが遺憾無く発揮されています。トランペットが上手いマラ1に外れは無いと言って良いでしょう。ただし肌に合うか合わないかは別問題です。Auditeから出ているライブ盤の方が凄まじい演奏なようですが、残念ながら私は所持しておりません。. ---作曲 1884年~1888年 初演 1889年 於 ブダペスト マーラー指揮.

マーラー/交響曲 第1番《巨人》

email: izizyvi@gmail.com - phone:(376) 331-7955 x 7606

ONE TOKE OVER(BEST) - Laughin MANZAI

-> Rainy X’mas Day
-> プッチーニ:歌劇《トゥーランドット》ハイライト

マーラー/交響曲 第1番《巨人》 - From performans Tokyo


Sitemap 1

有罪(ギルティ) - STING